[home]

[p1] [p2] [p3]

2008年03月作

サイバーホビー
1/35 No.6267
パンターG初期型
スマートキット


[箱絵]  再度、サイバーホビーのパンターGを。
 今回は車体後部を下げてみます。

転輪一式のパーテーションラインとヒケを処理しました。

[機動輪誘導輪転輪]

[兄弟]  夕方に散歩をしました。
 月が赤かった。

トーションバーのアームの角度を調整しました。
前側は通常の角度、後側は4mm程度のシャコタンです。
各アームを0.5mmの真鍮線を通して補強しています。

[トーションバー]

[裏の池の鴨]  裏の池に野生の鴨が来ました。

砲塔の後方ハッチの関節を真鍮線で補強しました。
穴は0.6mmで、真鍮線は0.5mmです。

[後方ハッチを補強]

車両の進捗は無いまま、今日はフィギュアを作り始めます。
タミヤ製インジェクションキットをバーリンデンにヘッド交換しました。
ナメたモールドの再生は、プラが落ち着いてからにします。

[フィギュア]

今日は戦車長を塗装しました。
タミヤのドイツ戦車兵小休止セットの箱絵を参考にしています。
手首を長めにすると袖が短く見えるので、貧相な感じがします。

[ドイツ戦車兵小休止セット]

[兄弟]  午前中は暖かく良い天気でしたが、
 午後は雨だそうです。

戦車が組み上がりました。
予備履帯は、ヤクトパンター初期型で余ったモデルカステンに
真鍮線をピン代わりに通しています。 ナットが無いのが残念。
途中で増加装甲板を支える米粒くらいの部品を飛ばし、
絨毯と1時間もバトルして見つけました。
S山師匠、布団の上で組むのは危険ですよ。

[塗装前]

[mail]mail

[p1u] [p2u] [p3u]

[home]