[home]

[p1] [p2] [p3]

2008年09月作

ドラゴン 1/35
IDF M51
アイシャーマン


[アイシャーマン箱絵ボックスアート]  アイシャーマンを作ろう。
 防盾のカバーは外します。

このキットは、ドライブスプロケットと初段のロードホイールの間隔が
詰まっている様に感じます。 また、デファレンシャルカバーの後端は
車体とのラインが繋がっていなくて段差があります。
デファレンシャルカバーを前方に移動させてみます。 とりあえず2mm

[ドラゴンモデルIDFM51アイシャーマン]

デファレンシャルカバーを前方に移動させた時の隙間を処理しました。
その箇所と車体のラインも上手く繋がりました。
接着剤で柔らかくなったプラが安定したらパテを盛ります。

[デファレンシャルカバー]

転輪一式のヒケ処理を始めました。

[転輪と機動輪]

[x]


今回もアーマートラックモデルズ(Armour Track Models)のTK-11を使います。
問屋さんが『レジン部品が無いからジャンク扱いで。NC/NR。よろしく。』
レジン部品は使わないので問題無いし、半値以下で購入できてラッキーでした。

TK-11はT66型ですが、イスラエルでは無く朝鮮半島仕様ですか?
接地面のモールドが違うことは気にしないで組みます。
タイガー1よりも簡単で、KV並みにサクサクと進みます。
ピンの中央の段差がテーパーだと、もっと組み易いかも。

[T55]

[x]


収納箱の裏は完成後に見える箇所なのに裏打ちされていません。
プラ棒を積層して埋めています。

タスカのシャーマンを作るとドラゴンのシャーマンを作りたくなります。
同様にドラゴンの後にはタスカを。 自分の事なのに理由は判りません。

[収納箱]

デファレンシャルカバーと車体のラインが上手く繋がったので、パテ盛りしました。
乾燥したら整形します。 デフカバーを前方へ移動させて良かった。

[デファレンシャルカバー]

砲塔と防盾の幌を外した状態にするので、エポパテを盛って乾燥を待ちます。

[砲塔]

[x]

[mail]mail

[p1u] [p2u] [p3u]

[home]